皆様こんにちは!

昨日主人を連れてとある病院に行ってきました。主人を連れて行くと、ほとんどの病院でお医者さんは英語で話しかけてきます。カルテにカタカナの名前が記載されている事と主人の見た目が理由でしょうね。面白いもので主人が流暢な関西弁で話しかけてもお医者さんはそのまま英語で会話するというのも多々(笑) 間にいる私は毎回「主人は日本語も英語もできます」がお決まりの言葉😅

このような会話の中で得することが一つあって、それは何かというと医療関係の用語に触れられること✨ 専門用語というレベルではありませんが、日常で使う『点滴/IV』『座薬/suppository』『処方箋/prescription』など私たちが日本語でもよく使う単語の数々。主人に感謝ですね(笑) 

  

Advertisements